9月は本格的な台風シーズン

今年は台風が特に多い年です。

また観測史上まれにみるという大型台風も日本列島を直撃し、大きな被害をもたらしました。

台風のニュースが途切れなかった夏が終わり、すでに台風シーズンが終わったかのような錯覚に陥ってしまいますが

本格的な台風シーズンはこれからなのです。

例年、9月、10月は台風が最も多く発生する季節です。

まだまだ油断はできません。

 

台風で起こる体調不良

台風シーズンが憂うつという方は、割と多くいらっしゃいます。

それは、台風の影響で体調不良に陥ってしまうからです。

今年のように台風が多い年は、体調不良がずっと続くことになってしまいますね。

台風の体調不良は、「低気圧」が大きく関わっています。

低気圧になると、身体の中の酸素が減り血流が悪くなります。

また、雨も降ることから「湿邪(しつじゃ)」の影響で身体の水はけも悪くなってしまいます。

頭痛、めまい、倦怠感、むくみなどの体調不良に加えて、憂うつ、やる気が出ないなど精神的な不調も引き起こします。

 

「気」「血」「水」の流れをスムーズに

日頃から身体の血流や水の流れが良い人は、低気圧の影響を受けにくくて済みます。

東洋医学でいう、「気」「血」「水」の流れを良くするにはどうしたらよいのでしょう。

「気」の巡りは、身体を動かすことでスムーズに流れるようになります。

手軽にできるウォーキングは、身体を温めて「気」の流れを促し、汗で余分な水分を排出します。

ぬるめのお風呂にゆっくりつかることも同じような効果があります。

また、鍼灸治療は、「気」「血」「水」の流れを回復させるのに即効性があります。

過ごしやすい季節ももうすぐです。秋を楽しめるように体調不良を改善したいですね。

日頃から、体調管理に気を付けて台風シーズンを乗り切りましょう。