しっかりと寝たのに、眠くて、眠くて・・・

このような人は、夏の疲れを引きずっていることが多いのです。

猛暑日が続いた今年の夏は、いつも以上に体力を消耗して身体が疲れています。

また、熱帯夜のせいで寝不足が蓄積されている方も多いと思います。

夏の疲れが取れないままでいると、秋になってから、いつも眠い状態に陥ってしまうのです。

また、一日中眠いことに加えて、身体がだるく、食欲もなくなってしまうことがあり、更にひどくなると頭痛や肩こりの症状まで表れます。

この体調不良を放っておくと、免疫力が低下し、冬になって風邪などの感染症にかかりやすくなってしまいます。

腹八分の食事、適度な運動、質の良い睡眠を心がけて体調管理に気を付けましょう。

 

セルフお灸で養生を

足三里(あしさんり)のツボへのお灸

足三里は、膝下の外側のくぼみから指4本分下がったところにあります。

体力の増強、疲れやむくみ、胃の不調に効果があり、身体の治癒力を回復させます。

足三里は万能のツボの一つです。お灸を続けることで体調がよくなってくるのが実感できます。

初めてセルフお灸をされる方は、鍼灸師にご相談ください。

お電話はこちらまで、TEL:03-6264-3928 銀座ふはり鍼灸院