日に日に寒さが増していきます

東京は紅葉の季節となりましたが、

紅葉が終わると、さらに気温が下がり冷たい風が吹くようになります。

本格的な寒さが来る前に、早めの養生を心がけ健康的に毎日を過ごしましょう。

 

冬は寒さから身体を守るためにエネルギーを10%ほど多く消費する

寒さで身体が冷えたままの状態になるとエネルギーを大量に使うことになります。

エネルギーを多く使ってしまうと「気」「血」「水」の巡りが滞り免疫力の低下を招きます。

これが、身体の不調となって表れます。

エネルギーの浪費は、老化の進みも加速するといわれていますので油断はできません。

不調を招かないためにも身体を温める「温活」を心がけましょう。

 

入浴と食事で身体を温める

ゆっくりと温かいお湯につかると身体が温まりエネルギーの消費を抑えることができます。

また、冬の食材は、身体を温めて血行を促進しますので積極的に摂りたいですね。

肉類やカボチャ,ショウガ、エビなどの食材が身体を温めます。

 

鍼灸院で温かい身体へ

鍼灸は、身体を温めて人が本来持っている自然治癒力を高めます。

ツボを刺激して身体の内側から温めるので血液の循環がスムーズになり

身体の隅々まで栄養がいきわたるようになります。

また、身体が温まると心もリラックスできます。

ご自分では身体の冷えの自覚がない方もいらっしゃいますが、

最近体調がよくないと感じていらっしゃる方は冷えが原因かもしれません。

忙しい年末を迎える前に体調を整える鍼灸施術をお試しください。

当院では、鍼灸と併せてラジオ波(高周波)温熱機での施術も行っています。

施術料金はどれも60分8640円が基本です。(マタニティは別料金となります。)

お気軽にお問い合わせください。

TEL:03-6264-3928  銀座ふはり鍼灸院