猛暑、酷暑など異常な暑さが続きますが・・・

今日から立秋。暦の上では秋です。

台風の影響で都心では久しぶりの雨模様となりました。

気温も30度に届かず、日中も肌寒い一日となりました。

急に温度が下がり身体もびっくりしてしまいますが、

今年の夏は体調不良にならない方がおかしいくらいの異常気象ですから

台風が去った後も油断ができないですね。

また、暑さが戻ってくると汗が止まらない息苦しいような日々を過ごすことになります。

暑さで大量の汗をかくと体力を消耗し、いつもだるい状態が続きます。

身体が常に熱いという不快さを常に感じていた方も多いのではないでしょうか。

余分な熱が外に排出されず、体の水分が奪われ熱が体の中にこもってしまうことが原因です。

顔面の紅潮、息苦しさ、ほてり、口の渇きなどの症状が表れます。

 

この状態を何とかしようとして、

冷たいものを取りすぎたり強い冷房の中で長時間過ごしがちです。

これでは、身体の冷えを招き胃腸の不調が表れ、それが全身の不調を引き起こすことになりかねません。

今年のような異常気象の中では、暑さ対策と同時に冷え対策も気を付けることが大事です。

 

夏野菜は身体のほてりを鎮める

栄養価が高くおいしい旬の野菜は、人の身体を元気にして免疫力を高めるともいわれます。

トマト、きゅうり、なす、スイカ、トウモロコシ、枝豆などは、

体の熱を冷ましてくれるので積極的に摂るようにしましょう。

 

ぬるめのお風呂にゆっくりつかって汗を流す。

特に炭酸ガス系の入浴剤を入れると疲労回復の効果があります。

炭酸ガスは血管を広げて血流を促すので、夏の疲れや冷房によるだるさ、冷えなどが改善されます。

 

暑い時間は避けて朝夕に活動する

といっても朝から夜まで暑いのでなかなか難しいのですが、

その日の気温と相談して無理をせずに軽い運動で汗をかきましょう。

もちろん鍼灸治療も身体の熱を取って体を回復させる効果がありますので

鍼灸院にもお気軽にお立ち寄りください。